コドミンの効果:ADHDとは?多動性障害について考える

コドミンの効果:ADHDとは?多動性障害について考える

子供に落ち着きがなかったり集中力がないなどに悩んでいるお母さんは多いと思います。
このような子供の落ち着きがないなどの症状のことをADHD、多動性障害と言います。

ADHDとは

ADHDとは、集中力がない、じっとしていられない、考えずに行動してしまうという3つの症状が現れる発達障害です。

ADHD

  • 集中力がない
  • じっとしていられない
  • 考えずに行動してしまう

このような障害があることで、授業中に立ち歩いてしまったり、順番が守れずに友達と喧嘩になる、ちょっとしたことで大声をあげてしまったり、忘れ物が多いなどの症状が現れます。
このような症状は、子供特有のものではなく大人になってからも現れます。
子供本人も治そうと思ってもなかなか治せない症状ですので、よくわからない小さなうちから対処法を考える必要があります。

子供の落ち着きや集中力をサポート「コドミン」

子供の落ち着きや集中力をサポート「コドミン」ト

そんな子供の落ち着きや集中力をサポートするのに有効な成分を配合したサプリメントが「コドミン」です。
コドミンを摂取することによって、行動の落ち着きや集中力へのサポートになる有効成分「ホスファチジルセリン」を効率的に摂取することができます。
ホスファチジルセリンは大豆に含まれている成分ですが、大豆そのものの含有量はとても少なく食べ物で摂取するのは難しい成分になります。
コドミンはそんなホスファチジルセリンを一粒に100mgも配合しており、大豆3.3kg分も配合されています。

コドミンの詳細ページはこちら

記憶力向上

ホスファチジルセリンは体の構成している細胞膜に存在するリン脂質の一種です。特に脳に多く存在しており、摂取することによって脳細胞の働きを強化することが期待できます。
ホスファジルセリンは脳細胞の膜を柔らかくする働きもあることから、脳細胞同士の情報伝達を高める働きもあるため記憶力も向上することがわかっています。

判断力向上

脳細胞は神経伝達物質を発信したり、受信するネットワークを形成しており、様々な感覚を司っています。この発信と受信を接続する部分をシナプスといいます。
シナプスの周りにホスファチジルセリンがあることにいよって、より多くの情報の伝達がスムーズになることから、頭の回転が速くなり判断力も高まります。

集中力向上

集中力がなくなると勉強にも運動にも身が入らなくなってしまいます。
ホスファチジルセリンは加齢によって減少していきますが、子供でも少ない場合があり積極的に取り入れることによって脳細胞の新陳代謝を活発にして、神経伝達物質が作られることによって集中力も高まっていきます。

記憶障害の予防と改善

また、アルツハイマーなどの記憶障害の予防や改善にも良いとして注目されています。
脳内の神経伝達能力が弱まり、記憶力や集中力などが衰えた状態になってしまう記憶障害などは一般的に脳の血流を良くすることによって改善できると考えられています。
ホスファチジルセリンは神経細胞の若返りや維持ができると期待されており、脳内の細胞膜が柔らかくなることで血流を良くする働きだけではなく、脳内の記憶を司る海馬という部分に対してシナプスの働きも良くなることによって記憶障害の予防や改善になるのです。

鬱状態・無気力の改善

子供の集中力の欠如や無気力に対して有効です。
ホスファチジルセリンにはストレスに対する効果もあるとされています。
これはホスファチジルセリンがリラックスするのに必要なセロトニンなどの神経伝達物質の分泌が促すためです。
コドミンはこのような効果を期待することができます。
つまり神経を落ち着かせることによって、前向きに生活していくことを目的としてます。

コドミンは子供安心して飲めるサプリメント

ラムネ味ですので薬が嫌いな子供でも抵抗なく飲みやすくなっています。
また、健康食品GMP認定を持っている国内優良の工場で生産されているため安全性が高く安心して飲むことができます。
また、お試し価格でも販売されているため手軽に購入しやすくもなっています。
サプリメントですので、薬のように決まった時間に必ず飲むという決まりはなく、好きなタイミングで1日に1?2粒を目安に飲んでいます。

コドミンは子供安心して飲めるサプリメント

継続して毎日飲むことが大切

脂溶性の成分のため油を使った食事をした後に飲むことが最も効果的だとされています。
薬とは異なり即効性がない食品ですので、最低でも三ヶ月は飲む必要があります。
どんなサプリメントであろうとも継続して毎日飲んでいくことが大切です。

こんな人にもおすすめ

落ち着きや集中力がない子供にオススメのサプリメントですが、それ以外にも受験生で授業に集中したいという時や、頭を使うゲームをする人、認知症を予防したい人などにもオススメとなります。

注意すべきこと
大豆から抽出されているため、副作用の心配はほとんどないと考えられています。
ただし、1日の摂取量よりも多く摂取し続けた場合には不眠や胃腸障害が起こる可能性も考えられます。
また、神経伝達物質であるアセチルコリンの材料となるコリンと一緒に摂取した場合には薬効が低下してしまったり、体に不調が起こることもあるため注意が必要です。

ADHDに悩む子供が楽しい学校を送るためには、市販のものよりも効果の高いコドミンを試してみることをおすすめします。

コドミンの詳細ページはこちら

▲ページトップに戻る