落ち着きがない子の特徴:注意しても効果ない・友達と仲良くできない・集団行動ができない

落ち着きがない子の特徴:注意しても効果ない・友達と仲良くできない・集団行動ができない

近年では、落ち着きのない子供が増加傾向にあります。
その場でじっとしていることができず、あちこち動き回ってしまったり、集中できずに興味をなくすと別の物に興味を抱き、一つの物事に対して時間をかけるということができないのは、子供を持つ親としてはちょっと困り者です。

落ち着きがない子の特徴

保育園~7歳ごろ
子供が成長するのをみるのは親の楽しみの一つでもありますが、子供が落ち着きがないと感じることが多いと思いますが、この時期はいろいろと子供が活発に行動を取る時でもあります。
保育園~7歳ごろにかけてがさまざまな物に興味を抱いたり、いろいろと活発に行動することも多く、まだ体なども未成熟であるため、怪我でもしたらどうしようと親も子供から目を離すことができません。
ですが、子供はまだ知らないことがたくさんあり、自宅内においてもまた、外に出て遊んだり、さまざまな物に触れたり、見たりすることで脳を刺激され学習していきます。
そのため、いろいろなものに興味を抱くということはいいことですが、この時期にある程度本人にとって楽しいこと、趣味などにおいて見つからない場合には、集中的に学んだり、自分でいろいろと覚えるということが苦手になり日常生活において落ち着きがないそぶりを見せることも多くなることがあります。

注意しても効果ない

じっとしていられない、決まりごとなどもきちんと守れない

落ち着きがない子の特徴としては、じっとしていられない、決まりごとなどもきちんと守れないことが多い傾向があります。
家庭である程度常識の範囲内でいろいろと親としても子供の成長のために学ばせようと決まりごとなどを作る場合がありますが、落ち着きがない子の場合には、そのような決まりごとなどで縛られるのを嫌う傾向があります。
じっとしていたり、家族で揃って食事をするということも数分じっとしているだけで我慢できなくなり、すぐにどこかに行ってしまったり、食事が終わるまでその場にいるということも出来ない場合があります。

注意しても効果ない

子供が落ち着きがないことが気になり、つい親が強い口調で注意してしまうということもあります。
いけないことやルールを守るということを教えるためには、時には叱るという行為が必要な時もあります。
ですが、落ち着きがない子に対しては、叱ったり、注意をしてみてもあまり効果がみられない場合があります。
注意が理解できない場合
基本的に、落ち着くということができないため、注意を受けてもそれがどうしていけないのかが理解できない場合や理解できても自分ではどうすることもできず、落ち着きがない行動を取ってしまうことがあります。
注意が理解できている場合
注意が理解できている場合には、本人にとっても悩みとなりストレスを溜め込んでしまうこともあります。
あまり追い詰めないことも重要です

友達と仲良くできない

落ち着きがない子は、集団行動が苦手です。
また、友達を作るのが苦手であったり、気の合う相手を見つけても仲良くできないことがあります。
自分勝手に行動を取ってしまう傾向があるため、友達の話や行動に合わせるということが難しく、友達との距離感がなかなか縮まらず仲良くできないという状況に陥りやすい場合があります。

騒いでしまう

学校などの集団生活、または家庭などでいろいろとルールなどに縛られるような状態になると、本人としても我慢しなければいけないということは理解できても、我慢できなくなり騒いでしまうことがあります。
物を投げたり、叩いたり、時には大声で騒いでしまうということもあります。

授業中じっとしない

学校生活をしていると授業がありますが、授業中はできるだけ静かに勉強することが多いため、落ち着きがない子の場合には、その雰囲気が耐え切れずに外を眺めたり、そわそわと手や足を動かしたりして落ち着きがない行動を取ってしまうことがあります
また、教室から出て行ってしまうこともあります。

ルールが守れない

決まりごとなどルールを守ることが苦手な傾向もあり、特に学校など集団の中で決めたルールなどをきちん守ることができないこともあります。
一つだけのルールならば問題ないかもしれませんが、複数のルールを決めるとそれらをすべて守るということが難しく、ルールを自ら破ってしまいマイペースな行動を取ってしまうことがあります。

忘れ物が多い

学校に行く場合には、教科書や文房具、またその日に持っていく必要のある道具など前日などに知らされることもあります。
ですが、その話を聞いていなかったり、また、自宅で準備することが苦手なためきちんと必要な物を揃えることができず、忘れ物が他の子に比べて落ち着きのない子は多い傾向があります。

集団行動ができない

集団行動は、学校生活などにおいては大切です。
ですが、落ち着きがない子は集団で行動することが苦手なため、集団内で他の子とは違う行動をしたり、マイペースに行動することもあります。

先生に注意される

学校で集団行動になじめないと、先生からも要注意人物になることがあります。
マイペースに行動をするため、先生からも注意されやすい傾向があるのも、落ち着きがない子の特徴といえるでしょう。

子供の落着きはしつけのせいばかりでない、栄養補給で治る場合もある!

▲ページトップに戻る